記憶するに足る詩

エピソード文字数 389文字

 短詩形への憧れはある
 寸鉄人を刺す研ぎ澄まされた言葉

 (いかのぼり)きのふの空の有りどころ

 蕪村のその俳句を読んで
 この短い形式が持つ可能性に震駭(しんがい)した
 つづめにつづめた言葉で
 鮮やかなイメージを閃かせるその速度
 短い詩はいちど暗唱すると
 生涯忘れることはない
 “いかなる詩も、記憶するに足る文、以上のものではない”
 戦後詩人と呼ばれた詩人はそう語っていた
 詩や詩人への自嘲も含まれるようなその声音に惹かれる
 この評言さえも詩なのだと
 その定義に従えば言える
 とにかくも記憶に(あたい)するものは貴重だ
 言葉だけに限らず
 記憶するに足る人や風景や感情はすべて詩なのだと
 勝手気ままに定義を延長してしまいたい
 記憶を詩で満たしたい
 やがて死がその記憶を打ち砕いたときに
 いくつかの破片が透きとおった詩であることを願いたい
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み