腐らせてしまった詩の備忘録

エピソード文字数 1,016文字

 くさいものには(ふた)するべきだと
 幼い時分(じぶん)は思ったものだ
 自分がくさいものになってみると
 くさいものなら殺してくれと
 考え方を改めた
 自分のにおいが嫌いだ
 自分の容貌が嫌いだ
 自分の振る舞いが嫌いだ
 自分の話し声が嫌いだ
 自分の書く詩が嫌いだ
 自分が触れたものはなにもかも嫌いだ
 自分が親しんだ人はだれもかも嫌いだ
 こんな嫌悪を挙げつづけると
 源氏物語より長くなる
 最後にひとつだけつけ加えると
 無意味に引き延ばされた詩は嫌いだ
 詩を圧縮し省略し終わらせるために
 鮮やかな転調を志そう
 自己を真逆に煽動しよう
 俳句のような簡潔を目指そう
 便利な行空けを使ってしまおう

 くさいものには蓋するべきだと
 幼い時分は思ったものだ
 自分がくさいものになってみると
 くさいものこそ素晴らしいと
 考え方を改めた
 自分のにおいは薫香(くんこう)
 自分の容貌は幽玄(ゆうげん)
 自分の振る舞いは玲瓏(れいろう)
 自分の話し声は吟誦(ぎんしょう)
 自分の書く詩は御言葉(みことば)
 自分が触れたものはなにもかも聖餐(せいさん)
 自分が親しんだ人はだれもかも聖人(せいじん)
 こんな恩寵(おんちょう)を挙げつづけると
 プルーストより長くなる
 最後にひとつだけつけ加えると
 意味に満たされた長詩は喜悦(きえつ)
 詩を増築し細密にし終わらせないために
 鮮やかな転調を志そう
 自己を至純に研ぎ澄まそう
 叙事詩のような荘厳を目指そう
 便利な行空けを使ってしまおう

 だめだ
 だめだなこんなんじゃあ
 とてもじゃないけど終われない
 相も変わらぬリフレイン
 劣悪化していく措辞(そじ)の群れ
 プロパガンダのような悪臭
 鼻持ちならない宣教臭
 言葉に(ぜい)をつくしてみても
 嫌いの一語にかなわない
 根づよい嫌悪を覆せない
 第一連も褒められたものではないが
 真情(しんじょう)くらいはこもってる
 真情なんて犬に喰われてしまえばいいが
 第二連は犬にも喰べさせられない
 どうやらこの詩は失敗した
 だが諦めが悪いのは
 詩を書くぼんくらの特権だ
 試みを続けることだけが
 嫌悪を漂白するただひとつの方途だ
 さてもう一度やってみよう
 便利な行空けを使ってしまおう

 くさいものには蓋するべきだと
 幼い時分は思ったものだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み