遊び崇拝者

エピソード文字数 294文字

 ぼくはどれだけ遊びを崇拝していることか
 ぼくはどれだけ遊びを邪魔する者たちを憎んでいることか
 危険思想は重々承知で
 それでも遊び以外に
 生きる意味を見出だせない
 そうしてほとんどだれもが遊びを邪魔する者でしかなく
 世間で遊びと呼ばれている多くの遊びが遊びではないと
 排他的な熱情を育んでいる
 遊びのアナーキズム
 思考につながれた鉄鎖がひきちぎられていく解放感
 腹を抱えて笑うしかないような無意味さ
 頭蓋の中心から燃えているような脳のフル回転
 自分が消えていく場所で自分を発見するあの泣きたくなるような喜び
 幼いころにつかんだその真理を
 絶対に忘れてなるものか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み