この人のためなら死ねるかもなあ

エピソード文字数 220文字

 “もしひとりのひとを哀しむならばそのためにどこまでも溺れよう”

 こういう言葉を読むたびに
 この詩人があらためて好きになる
 この人の死がいまだに哀しい

 “それ義人(ぎじん)のために死ぬるもの(ほとん)どなし、仁者(じんしゃ)のためには死ぬることを(いと)はぬ者もやあらん”

 聖書の言葉がそう語るように
 この人のためなら死ねるかもなあ
 なんて時おり思うのだが
 献身よりも自己陶酔のにおいがして
 われながら気持ち悪い
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み