死の本

エピソード文字数 296文字

 もうこれからは
 全詩集と聖書しかめくらないでおこう
 そう決めたときは清々したな
 自分を島流しにするような楽しさ
 思えば眠りと読書の時間を除いたら
 ぼくの人生は死児のように短い
 それは死児たちに失礼か
 でもダメだった
 結局めくらなくても
 こころに刻まれた書物の言葉は
 音楽と等しく許可なく思い浮かぶ
 物語のせせらぎ
 たまゆらの詩情
 顔も知らないだれかの記憶
 顔も知らないだれかの夢想
 幻でしかない人たちの恋
 幻でしかない人たちの死
 本がなければ死んでいたけど
 本があっても死ぬんだろうな
 死を忘れない本だけを読みたい
 死児たちを忘れない本だけを読みたい
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック