浮遊霊

エピソード文字数 170文字

 幽霊は見たことがないけれど
 浮浪者は見たことがある
 無視を日常として背負う
 街路樹と等号で結ばれた彼ら
 風景のシステムに組み込まれた生命体
 幽霊になりたかった少年は
 夢を軌道修正して浮浪者を目指した
 そうして望みは叶い
 雪に震えながら死んだ
 幽霊になる夢も叶った
 なんて幸福な一生だろうと
 浮遊霊は回想しながら笑った
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み