この世でもっとも優しいこころ

エピソード文字数 821文字

 この世でもっとも優しいこころとは
 どんなものだろう

 そんな想定自体に
 間違いが含まれているのかもしれない
 もっともとはどういう意味か
 どうやって比較するのか
 そもそもこころというものを
 具象物のように扱うのは謬見ではないか

 でもいまは
 問わない正しさより
 誤りによる一歩を
 自分は必要としているようだ

 この世でもっとも優しいこころ
 それは人間に可能な優しさなのか
 関係の絶対性は
 だれもを攻撃に荷担させる
 分け隔てない優しさ
 それですら
 超越的な立ち位置を仮設しなければ
 全うすることはできない
 人間の形をとった神の子は
 優しさとは裏腹に
 烈火のように激烈な罵倒も残している

 この世でもっとも優しいこころ
 それは生者には無縁のものか
 だから神の子は死なねばならなかったのか
 生きているかぎり
 だれも救済できないのか
 だれも救われないのか

 母から分娩されたときに
 世界はすでにして他者となる
 傷つけあいが始まる
 凄惨な椅子の取り合いが始まる
 群れのなかで生きるかぎり
 鎖からは逃れられない

 みな死ねばいいと
 宗教家がたびたび陥る極論は
 それなりの必然性はあるのかもしれない
 それでもやはり
 正しいとは思えない
 生きているのが間違いのように感じられても
 死をばらまくことは
 なんの救いももたらさない
 優しさをはき違えたみじめさが残るだけだ

 この世でもっとも優しいこころ
 それを体現したように思える人を
 自分は何人か知っている
 その信じがたいほどの優しさが
 限定された局面の
 瞬間的なものでしかなかったとしても
 こんな人間がいるのかと思うだけで
 救われるような心地がするのはたしかだ
 その救済が
 たとえ仮初めのものであっても

 この世でもっとも優しいこころ
 そんなものは存在しないが
 蜃気楼のように
 時たま眼前を横切る
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み