故人が死について語ったこと

エピソード文字数 278文字

 すでに死んだ人の書いた
 死についての言葉を読むと
 不思議な感慨が訪れる
 死についてなにかを想うのも考えるのも
 生きている人間のなすことだ
 死者は想わないし考えない
 死者が想い考えたとしても
 その言葉が伝わることはない
 ただ故人の生前の言葉に死が含まれていると
 すでに訪れた運命が二重写しのように透けて見えて
 あたかも死者が語っているような
 彼岸からの言葉が届いたような
 錯誤の震えに動揺してしまう
 ぼくの書いた死についての詩に
 少しでも価値があるのかはわからないが
 ぼくが死んだ後に読む方が
 おもしろいとだけはいえるだろう
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み