水面から遠い街

エピソード文字数 270文字

 郊外から電車に乗って
 人のざわめく都会まで赴く
 雑沓
 複雑なルールで統制されているスクランブル交差点
 魚群のように行進する影たち
 通りすぎる人々の顔
 数秒後には忘れてしまう他人
 数秒後には忘れられてしまう自分
 ここには人が大勢いるのに
 だれもぼくとは関係がない
 いい気分だ
 まるで水底の廃虚を歩くような
 ターコイズブルーの寂寥
 歩行者がぽこぽこと泡の声をこぼす
 街頭ビジョンが薄青く染まる
 海草の陰で猫が溺れる
 水面が遠い
 ビルの谷間から見える水面
 その向こう側から透けている光は
 水の苦手な神の怯え
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック