開かずの間

エピソード文字数 182文字

 その扉を開けないでくれ
 見たくもないガラクタが
 詰めこまれているだけだから

 その扉を開けないでくれ
 鍵をかけさせたのはぼくではなく
 殺意を持った世界の方だから

 開けるな
 開けるな
 開けるな

 必死にひきとめるぼくを振り払って
 ぼくがその扉をこじ開けると
 幼いころのぼくが
 たったひとり
 餓死寸前の痩せこけた体躯(たいく)で遊んでいた
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み