詩を読む歓び

エピソード文字数 456文字

 全詩集とは
 全歌集とは
 なんと贅沢な書物だろう
 ひとりの人間が生涯に集め得た
 言葉のかけらの最上の成果
 魂の震えを刻み込んだ結晶

 ページをめくれば
 詩人の鼓動が(あまね)く波打つ
 失敗した試みは数あれど
 埋め草はどこにも見当たらない
 散文とは違って
 詩には義務への従属がないから
 なりふり構わず言葉を遊ばせ
 全身全霊で失敗する
 失敗した詩に言い訳はきかない
 この世でもっとも恥ずかしい文字列
 しかし恥をおそれて詩は書けない
 恥を忘れても詩は書けない
 魂のこもった恥辱は美しい
 恥を突き破った言葉は美しい

 敬愛する詩人の分厚い全詩集を
 (ひもと)くときの(よろこ)びは
 春の昼寝の布団の(やわ)
 連休初日の珈琲の香り
 海辺に浸した足の感触
 月の光の淡い温もり
 詩は言葉の花だから
 そこには薬も毒もある
 詩は魂の玩具(おもちゃ)だから
 そこには遊びの至福がある
 詩人よ遊べ
 舞い狂え
 花を散らして歌い死ね
 詩のあるところ
 言葉は笑う
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック