寝床は誰のもの

エピソード文字数 504文字

 風呂場で髪を洗っていると
 背後のすぐそばに
 何者かの気配

 よくあることだ
 人間も動物だから
 視界を塞がれている無防備なときに
 後ろを取られる危険を本能が警告する
 つまるところこれは
 不安の作り出した幻影だ

 髪を洗い流して眼を開けた
 振り返ってみると
 わたしがそこに突っ立っていた
 背中を流しましょうか
 なんて言うこともなく
 ただ風呂場のわたしをわたしが見ている
 珍しいこともあるものだと思い
 体を拭って髪を乾かし
 寝巻を着てから布団で寝た

 翌日帰るのが遅くなり
 疲れてぐったりしたように家に入ると
 風呂場から誰かの気配
 ああそうだったそうだったと
 そちらに向かってみると
 思った通り
 風呂場で髪を洗っているわたしの姿
 しばらくそれを眺めていると
 髪を洗い終えたわたしがこっちを見た
 さてここまでは昨日と同じ
 一仕事済ましたような気分でもう寝ようと思ったが
 わたしが布団で寝たら
 風呂場のわたしはどこで眠るのだろう
 昨日わたしを見ていたわたしは
 どこで眠ったのだろう
 わたしは他人だけではなく
 わたしすら押しのけて生きているのだろうか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み