おぼつかない自画自賛詩

エピソード文字数 384文字

 すごいねえ
 きみは天才だよ
 きみの詩を読むと
 そうだな
 なんだかこう
 うん、そうだな
 叙情的っていうのかね
 まあ、ちょっと暗いかもしれないが
 あれだね、時代を反映していていいんじゃないかな
 死がどうのっていうのも
 まあ、生きてる人間の関心事といえないこともないし
 よく毎日書いていられるね、こんな……こんな素敵な詩を
 いやあ、素晴らしい素晴らしい
 ノーベル賞とか狙ってるのかい?
 夢が大きいのはいいことだからね
 きみなら獲れるさ、私が保証するよ
 えっ、興味ない?
 そうかそうか、未来の大物はみんなそう言うからね
 そうだよ、他人の評価なんてあてにするな
 きみはきみ自身の道を行くんだ
 私もそうやってきた
 なんだかきみを見ていると昔の自分を思い出すよ

 ところで……
 壺とか、興味ないかな?
 いまならとても安くしておくけど
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック