現実が現実の色をしていない

エピソード文字数 201文字

 現実が現実の色をしていない
 褪せている
 とても褪せている
 こんな色には見覚えがある
 場末のラーメン屋の壁に
 何年も貼られたままのポスター
 そんな古びた褪せた色
 剥がせば周りの壁から区切られた
 美しい現実の地肌が見えるだろう
 どうすれば現実から現実を剥離させ
 現実を現実の色に引き戻せるのか
 キーポイントは死だと思う
 死はこの褪せたくすみを取り除けるか
 死だけが現実なのだから
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み