血の記憶

エピソード文字数 432文字

 幼いころに
 家のまわりをかけずりまわって
 突き出た窓の尖った部分に
 思いきり頭をぶつけてしまい
 血が噴き出して
 玄関に入って突っ伏すと
 雨上がりみたいに
 たっぷりとした血だまりができて
 なおもどくどくと流れつづけた
 でもこれはぼくの記憶の話
 実際にあんな量の血が出たら
 死んでいるか
 死にかけていたはずだから
 それほどの事態ではなかったはずだから
 だからあくまで記憶の話
 記憶では
 ぼくは突っ伏したぼくを離れて眺めている
 赤い血が止まる気配はない
 鉢が割れて
 中身がとめどなくこぼれていく
 いつまでもおさまらない
 玄関が似合わない赤にまみれていく
 淵にこぽこぽと泡が立っている
 中世の神学者のいうところでは
 神は天地を過去において創造しただけではなく
 いま現在においても創造しているとのことだ
 創造とはいかなる関係もない話だが
 ぼくはいま現在においても
 玄関に突っ伏して
 血を流しつづけていると信じている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み