痛みと無

エピソード文字数 272文字

 思い出すたびに胸が痛む
 そんな相手がいることは
 だれもいないよりは
 マシなのだろうか
 こんなに痛くても

 悲嘆と無なら
 悲嘆を選ぶ
 その言葉についてたびたび思う
 悲嘆がどれだけ痛くても
 無を選ぶべきではないのだろうか
 こんなに痛くても

 悲嘆は痛い
 無は痛くない
 死は無だろうか
 死は痛いだろうか
 こんなに死にたくても

 思い出すたびに死にたくなる
 思い出せないと生きたくなくなる
 記憶と無なら
 記憶を選ぶ
 痛みと無なら
 無を選ぶ
 記憶が痛くてたまらない
 忘れないまま死にたい
 こんなに痛くても
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み