記憶は答え合わせに向いていない

エピソード文字数 330文字

 電線に鳥がたむろしていて
 家に帰って思い出して
 あの鳥たちは何羽いたかと
 いまさらに気になっても
 記憶だけでは数えられない
 記憶は群れを再現できない
 群れどころか
 毎日みている人の顔ですら
 克明に思い出そうとすると
 欠落に気づく
 記憶は写真ではないから
 外部化されていないから
 答え合わせには向いていない

 けれど死を前にしたとき
 自分の人生が
 悪いものではなかったと
 そう信じたくて
 答え合わせをしたいなら
 頼りになるのは
 記憶だけなのかもしれない
 外部化された肖像が
 いくら立派に飾られていても
 記憶の温もりがなければ
 自分の人生はなんだったのかと
 深い疑念に囚われたとき
 なんの答えも見出だせないだろう
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み