運命を殺す

エピソード文字数 249文字

 なぜぼくらは知り合ったのだろう
 無関係なふたりだったのに
 わざわざ会って何時間もおしゃべりしている
 不思議だな
 どんな気まぐれが
 そんな運命を用意してくれたのだろう

 いまはまた
 ぼくらふたり
 元通りに無関係
 もともとそれが自然だったのだから
 不思議でもなんでもない
 どんな気まぐれも
 そんな運命には抗えないのだろう

 胸がつぶれる
 胸がつぶれる
 胸がつぶれる

 さて
 ぼくはいまから先
 死せる運命の他は受け入れない
 それ以外の運命は
 見つけしだい刺し殺す
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み