死への呪詛

エピソード文字数 602文字

 不幸なんてだれも望まないよ
 不幸なんてだれも喜ばないよ
 こんなに暗い詩ばかり書いているぼくだって
 不幸なんて大嫌いだよ

 だれにも死んでほしくないんだよ
 人が死ぬことが受け入れられないんだよ
 気が狂いそうなんだよ
 眠れないんだよ
 だれにも消えてほしくないんだよ
 どこにも行ってほしくないんだよ
 死なんて消えてしまえばいい
 この世が命ですし詰めになって
 割れる寸前の風船みたいになるとしても
 死なんて消えてしまえばいい
 死ねばいいのは死だけだ
 死んでしまえ
 死んでしまえ
 死んでしまえ
 あなたが死じゃないのなら
 死んでくれるな
 死んでくれるな
 死んでくれるな

 もう泣きたくないんだよ
 もう引き裂かれたくないんだよ
 もううずくまる代わりに無感情の仮面をこしらえてへらへらしてるのは
 うんざりなんだよ
 痛くてたまらないんだよ
 気が狂いそうなんだよ
 眠れないんだよ
 だれもわかってくれないんだよ
 どこにも行き場がないんだよ
 痛みなんて消えてしまえばいい
 死ねばいいのは痛みだけだ
 死んでしまえ
 死んでしまえ
 死んでしまえ
 あなたが痛みじゃないのなら
 死んでくれるな
 死んでくれるな
 死んでくれるな

 死は死ね
 だれよりも無惨にくたばれ
 痛みを道連れに死ね
 焼けて埋もれて二度と出てくるな
 死ね、死ね、死ね
 死んでしまえ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み