砂漠で水をくれた人

エピソード文字数 231文字

 理解してもらえたと感じる
 それはとても嬉しいことだ
 理解してくれる人がこの世にひとりでもいるのなら
 それが魂の救いになるほどに
 その理解が喪われるのが
 寂寞たる空白を胸に穿(うが)つほどに
 人はそんなに簡単に人を理解しないし
 理解しようとも思わない
 だから理解は意志がなしえる
 稀少なる最大限の贈り物だ
 その(しずく)を与えてくれた優しいだれかに
 感謝の念が尽きることはない
 砂漠で出会った水汲み人には
 終生わすれえぬ恩義があるから
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み