地球儀男

エピソード文字数 264文字

 頭の代わりに地球儀をのせて
 繁華な大通りを練り歩く
 顔面によるグローバリズムの体現
 歩行者がなぜだかおそれおののいて道を空ける
 散歩中の犬が狂ったように吠えてくる
 おどけるように地球儀を全速で自転させると
 犬はくうくう鳴きながら後ずさった
 通りの向こうから恋人がやってくる
 笑顔をユーラシア大陸で表現しながらかけよると
 恋人は悲鳴をあげて逃げ惑った
 みんなはなぜ
 自らの住まう惑星をこんなにおそれるのか
 地球儀の頭を抱えながら
 ぼくは哀しみに青ざめていた
 哀しみは太平洋と大西洋とインド洋の色だった
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み