冬の人魚

エピソード文字数 259文字

 水の凍てつく真冬の海に
 魂のかじかんだ人魚が震えている
 喪った声が
 粉雪となって降りしきる
 入水者(じゅすいしゃ)のような憂鬱に紅顔(こうがん)を曇らせて
 切なげに手を重ね合わせて
 遠く彼方にいる彼を
 手の届かない夢を想う
 人魚の尾が水草(みずくさ)のように揺れる
 冬の泡沫(うたかた)に恋が暴れ狂う
 声を喪った冬の人魚は
 喪失の代償さえも得られなかったことで
 こころを藍色に溶けさせていく
 気づかずに流された人魚の涙に
 小魚が先を争うように群がって
 ()てた哀しみを呑み込んでいた
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み