ぼくの罪

エピソード文字数 509文字

 十二の時分に起きたこと
 破滅の種はすでに自らの手で()かれていた
 当然の罰がやってきただけだ
 罪は回帰するものなのだと
 その教訓と引き換えに
 生きる(すべ)(うしな)った
 明るく人懐っこい(わらべ)が一人
 この世からいなくなっただけのこと
 影として残された子どもはもう
 光を理解できなくなった
 境界を越えてからの歳月は
 風が降りそそぐガラス片のように
 呼吸が内向きの毒矢のように
 他人が(いばら)の廻廊のように
 こころを血まみれに苛んだ
 十二の破滅を憎もうとしても
 その罪は
 その悪は
 まぎれもなく自分のものだった
 この世を善悪で分けるなら
 自分は善の側にいる
 そんな思い上がった自尊心を
 粉々に打ち砕かれた
 完膚なきまでに世界に敗北した
 それならばいっそ
 殺してほしかった
 そんなに悪い存在なら殺してほしかった
 そんなに醜い存在なら殺してほしかった
 でもだれも殺してくれなかった
 砕かれたこころを拾ってくれなかった
 だから自分で葬ったんだ
 だから自分で廃棄したんだ
 これで満足だろ
 もっとも幸福だったぼくの
 もっとも穢れた罪の数々よ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック