というレベルにおいては

エピソード文字数 207文字

 ぼくに個性はないけれど
 個性のない人間なんていない
 というレベルにおいては
 ぼくにももちろん個性はある

 ぼくはいてもいなくてもいいけど
 いなくていい人間なんていない
 というレベルにおいては
 ぼくももちろんいなくてはならない

 ぼくの自意識というレベルにおいては
 生きる価値のない人間なんていない
 という規定を棄て去るほどに
 ぼくにはもちろん罪があるし
 ぼくはもちろん死ななくてはならない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み