糸と待ち人

エピソード文字数 326文字

 駅で人を待つ手持ちぶさた
 ぼんやりとした外界(がいかい)のひととき
 さっきまでの喧噪は消えて
 凪いだ海原(うなばら)のように静か

 待っている
 来るかどうかもわからない
 いまにも断ち切れそうなかぼそい糸しか残されていない
 そんな相手を待っている

 想いをこめて
 糸をたぐる
 ちぎれてしまわないように
 想いの(かさ)を目減りさせて
 相手をわずらわせないように
 ぶしつけにならないような手つきで
 糸をたぐる

 待つことは想うこと
 その残酷な一致が
 いまはこれほどに苦しい
 きっと待ち人は来ない
 それでも糸をたぐらずにはいられない
 切り口を目にするまでは
 切り口を目にしたとしても
 望みを断ち切る強さを持てない
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック