縊死者の気遣い

エピソード文字数 337文字

 首を吊ると
 筋肉が弛緩して
 糞尿が垂れてしまうから
 死ぬ前に
 シーツを敷いて
 床を汚さないようにしてから首を吊る
 そんな自殺者もいると聞いた
 その気遣いは
 どこかずれていて
 ひどく哀しい
 宿命的な生きづらさが顕れている
 首を吊るときくらい
 他人を気にしなければいいのに
 そんな感想もきっとずれている
 自殺者はみなエゴイストだと
 迷惑を蒙った人や
 厳しい人は言うだろうし
 それは正論なのかもしれないけど
 シーツを敷いているときの
 その気遣いは
 無私に近いような気がする
 日数が経過して腐乱してしまえば
 汚れどころの騒ぎではないらしいから
 シーツなんて
 焼け石に水かもしれないけど
 その気遣いは
 なけなしの遺志という気がする
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み