嫌悪の海

エピソード文字数 275文字

 わたしが嫌いなもの
 まずはわたし
 次にすべて
 自己紹介終わり

 わたしが嫌いなものの細部
 たとえば猫よけのペットボトル
 そこに入れられたままの汚水
 たとえば十年以上貼られたポスター
 剥がすと露になってしまう壁の汚れ
 たとえば人を罵る土足の言葉
 たとえば少しも使わなかった色鉛筆をへし折る蛮行
 たとえば桃の汁をべとつかせた指で人の純心に触る無神経さ
 たとえばゴルフボール大の虚無を道ばたにぶちまけながら進んでいくパレード
 たとえば群青の薄明かりを火星人の侵攻と間違えたパラノイア気味の老婆
 たとえばわたし
 自己紹介終わり
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み