死後の記憶

エピソード文字数 272文字

 わたしに生まれたときの記憶はない
 わたしが死ぬときも
 わたしは死を記憶できないだろう
 生におけるもっとも根源的瞬間は
 わたしの記憶と関わりなく過ぎてしまう
 しかしわたしはわたしの誕生の目撃者の語りと
 人間とは母から生まれるものだという知識によって
 おぼろげながら自らの誕生を垣間見たような記憶を捏造している
 見たこともない風景をつくりだす記憶の不思議なる力
 わたしの死んだ後に
 いかなるかたちによってかわたしに記憶の自由が与えられたとしたら
 わたしはわたしの見たことのないわたしの死の風景を
 懐かしく思い出すことだろう
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み