小箱

エピソード文字数 497文字

 無関心だった誰かが
 醜聞(しゅうぶん)を晒したとき
 やっぱりな きっとそうだと思ってた おれは前から見抜いてた 見ろよあの顔 いかにもだ 他のやつにはわからない おれはちゃあんと見抜いてた
 そんな誇りがしゃべりだす
 そのときの自分なら
 ためらわずに殺せそうだ

 別の道をたどった誰かが
 壁に当たって挫折したとき
 やっぱりな きっとそうなるに決まってた おれはやめろと言ったんだ 見ろよあの顔 情けない 分ってものをわきまえない おれは忠告したはずだ
 そんな叡知(えいち)がしゃべりだす
 そのときの自分なら
 迷わずに殺せそうだ

 生来(せいらい)の無神経で
 好きな相手を傷つけたとき
 しょうがない おれはなんにも悪くない 勝手に傷つくほうが悪い 見ろよあの顔 泣いている 弱いやつにはお似合いだ おれは毛ほども悪くない
 そんな強さがしゃべりだす
 そのときの自分なら
 惜しまずに殺せそうだ

 自分を殺したいと思ったときを
 小箱に集めてピンに留めれば
 死をおそれずに済むだろうか
 げらげら笑いながら寂滅(じゃくめつ)できるか

 となりで猫があくびしてる
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み