死への理解

エピソード文字数 380文字

 死のことばかり考えていても
 死についての理解が深まるわけではない
 同じ道筋を歩いて
 圏外を足踏みしているだけだから
 どうすれば
 死について
 もっと知ることができるのだろうか
 死について
 なにごとかを知っている人間はいるのだろうか
 人間の積み重ねられた知は
 死を理解するために費やされてきたはずだ
 生は死を学ぶための道行きだ
 死についての認識が更新され
 あまねくそれが行き渡れば
 なにかが
 なにかが変わるのではないか
 無知で愚かな自分が恨めしい
 哲学者でも聖職者でも詐欺師でも
 だれでもいいから
 極限の理性と感覚を駆使して
 死を
 ほんの少しだけでもいいから
 解き明かしてくれ
 そしてだれかに伝えてくれ
 あなたが見た死を
 あなたがつかみえた死生観を
 死の寂寥と静寂と痛みに
 あなたがいかにして向き合ったのかを
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み