ハムレットの愛読書

エピソード文字数 180文字

 言葉、言葉、言葉
 そう吐き捨てたハムレットは
 実際のところ
 なにを読んでいたのだろう

 憂鬱な面差しをうつむけて
 文字を眼でたどりながら
 胡桃の中の世界で
 どんな夢を育んでいたのだろう

 彼の指先が支える
 書物の背
 彼の唇がつぶやく
 至純の詩

 劇の中の劇を
 ハムレットは見ることになる
 本の中の本を
 わたしたちは読むことになる
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック