あの輝き

エピソード文字数 243文字

 死に沈むたびに
 浮かび上がろうともがくある力
 純一なる結晶
 魂の核が
 無を峻拒する
 その一刹那
 人間を不滅たらしめると信じるあの輝き
 なぜ死を選ぼうとするたびに
 砕けても砕けても砕けきれない夢が
 こころの奥底を燃やすのか
 夜の火影
 (うしお)のような芝草が
 風ではないなにかで揺れている
 ぼくはまだ生きていた
 生きていた
 空の一点から見つめられて
 ぼくはまだ生きていた
 生きていた
 予感の葦が身内をつらぬいて
 解き放たれるべき感情を名づけていた
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み