死体の記憶

エピソード文字数 330文字

 死体のことを思い出していた
 死体は身近な人だった
 死体は時が止まっていた
 死体はまだ髪も爪も伸びつづけているはずだが
 死体は時が止まっていた
 死体は身近な人だった
 死体は春の終わりに現れた
 死体は病院と通夜と葬儀に現れた
 死体は人形のような顔をしていた
 死体は意外なほど小柄に見えた
 死体は周囲に白い花を敷き詰められていた
 死体は身近な人だった
 死体は棺に閉ざされた
 死体は車に運び去られた
 死体は小窓から別れを告げた
 死体は燃やされていなくなった
 死体は身近な人だった
 死体はぼくの未来だった
 死体になるまでこの死体のことを忘れないでおこうと思った
 死体が死体ではなかった頃の静かで寂しい笑顔を忘れないでおこうと思った
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み