朝の疑念

エピソード文字数 372文字

 朝が朝ではないような
 そんな目ざめがときにある
 嘘くさい陽光
 ビープ音のような鳥のさえずり
 違和感でしかない冷気
 窓は世界を覗かせてくれるが
 すべてが仮象(かしょう)に見えてしまう
 その窓は本当に窓なのか
 死霊(しりょう)の見せる鏡ではないのか
 朝が朝ではないことを
 なにものかが糊塗(こと)してはいまいか

 夢のなかにいるあいだは
 なんの疑いも持たなかった
 風景はとどこおりなく展開し
 脳裏(のうり)に仮象をめぐらせて
 流れのまにまに浮かんでいた
 夢に慣れたその身体が告げる
 ここは断じて夢ではないと
 朝に慣れたその身体が告げる
 けれど断じて朝でもないと

 朝が朝ではないのなら
 窓が窓ではないのなら
 わたしはわたしなのだろうか
 わたしがわたしではないことを
 なにものかが糊塗してはいまいか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み