死の枕詞

エピソード文字数 121文字

 死の枕詞(まくらことば)はぼくさ
 死を口にするときは
 必ずぼくの名も呼んでくれ

 死の枕詞はぼくさ
 死につきまとう金魚の(ふん)
 弔いの場には必ず呼んでくれ

 死の枕詞は
 ぼくなんだ
 だから早く
 言葉の内側で死なせてくれ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み