闇に包まれて

エピソード文字数 226文字

 瞳孔(どうこう)を塗りつぶされたような深い闇
 眼を開けても
 眼を閉じても
 (まぶた)が意味をなさないほどの深い闇
 わたしの手はどこにある
 眼の前にかざしても見当たらない
 わたしの足はどこにある
 眼をうつむかせても見当たらない
 わたしの
 わたしの
 わたしの輝きに満ちていた恋はどこにある
 わたしの胸を灯してくれた光はどこにある
 こんなにも暗くなにもないのなら
 わたしの生きる意味はどこにある
 わたしの死ぬる意味はどこにある
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み