外人墓地

エピソード文字数 130文字

 埃をかぶったぼくの死体が
 押し入れの奥からまろび出てきた
 こんなところにしまいこんでいたのかと
 すっかり懐かしくなってしまって
 綺麗に全身を拭ってから
 顔を潰して
 近くの外人墓地に棄てた
 夜の外人墓地は空気がうまい
 夜の死体遺棄は後味が爽やか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック