不在の公園

エピソード文字数 201文字

 鉄棒 ジャングルジム 滑り台 シーソー 雲梯 ブランコ
 鳥
 樹木
 ベンチ
 空
 日差し

 公園の風景に
 人はいらなかった

 ブランコが瀕死者のように揺れていた
 夕闇が降りてジャングルジムは影の要塞と化した
 ベンチは座る者の不在によってかさついた寂寥の地肌をさらしていた

 火の発見のような
 瑞々しい原初を体現して
 街灯が
 人のいない公園を
 神のいない廃園のように
 照らす
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み