桜の遺書

エピソード文字数 115文字

 桜の花びらに
 遺書を書きつける
 豆粒よりも小さな文字で
 世界を呪う遺書を書きつける
 そうして何千通もの花びらを
 桜の樹の枝に戻しておけば
 花見客たちの浮かれ騒ぎに
 春風の運んだ
 ぼくの死が降りそそいでくれるだろう
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み