麻痺

エピソード文字数 403文字

 陰気きわまりない高校生だったころに
 ネットを検索していて
 紛争地帯の凄惨な映像に出くわした
 集団に囲まれてナタのようなもので切りつけられている男性や
 おびただしく横たわっている損壊の激しい子どもの死体などが
 モザイクもぼかしもなく映っていた
 ひととおり見ていると
 精神の一部が壊死していくような感覚があったが
 何日か間を置いてから
 もういちど見てみることにした
 あいかわらず神経をすり減らされるけど
 すでにして感覚は麻痺していた
 憑かれたようにその後も繰り返し見たが
 だんだんなにも感じなくなった
 でもそれはあくまで表面で
 こころの奥底では
 どうやらまずい事態が進行していたらしく
 眠ったときに
 すさまじく不気味な悪夢を見た
 内容はもはや語れないし
 感触のみしか残っていないけれど
 あの悪夢を境にして
 感覚の麻痺はもう
 取り返しがつかなくなったような気がする
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み