雑草モノローグ

エピソード文字数 449文字

 草を見ていた
 雑草だった
 ぼくが名前を
 知らないだけだけど

 緑だった
 上にのびていた
 揺れていた
 震えていた
 空は雑草に
 気づかなかったけど

 わかっているよ
 明日はもう
 この雑草を
 思い出せない
 記憶はとても
 忙しいから
 緑はとても
 ありふれているから

 水が空から(くだ)ることを
 雨と呼んでいる事実なんて
 おまえはきっと知らないだろうね
 自分の名前を知らないように
 希望の呼び名も知らないんだ

 でも濡れたときの幸福は
 知っているだろう
 その充実感を
 感じられないはずはないはずだ
 それが愛だから
 古くからある愛だから
 だれの愛かは
 わからないけど

 しおれてつぶれて枯れてたって
 ぼくのせいではないけれど
 だれかのせいではあるかもね
 おまえは緑色
 ぼくは肌色
 おまえは植物色
 ぼくは人間色
 色の違う生物同士は
 お互いを差別するものらしい

 おまえ
 夜は
 どうしてるんだ
 光のなさに
 耐えきれるのか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み