記憶のなかの音楽

エピソード文字数 276文字

 記憶のなかの音楽は
 本物に劣るときもあれば
 勝るときもある
 それはけっして単なる模造品ではない
 暗い気持ちで歩いているとき
 こころをよぎってくれた音楽に
 どれだけ助けられたことか
 耳朶(じだ)を震わして胸に伝わる音色と
 空気に触れることなく内側に響く音色は
 同じではない
 記憶のなかの音楽は
 死んだ人のように淡い
 そよ風のように優しい
 “淡しとは単に捕えがたしという意味で、弱きに過ぎる(おそれ)を含んではおらぬ”
 漱石さんもそう書いている
 記憶のなかの音楽は
 記憶のなかの死者のように
 消えない淡さで支えてくれる
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み