夜の枯葉

エピソード文字数 432文字

 闇夜に枯葉が舞っている
 枯葉には死せる魂が宿っている
 秋の残照が葉脈を疾走している
 枯葉については語っても語りつくせない
 語りつくせないことはこの世にあまりにも多い
 たとえば死
 たとえば恋と愛と神と魂
 たとえば三月の風
 たとえば十二月の凍てつく水辺
 たとえば壊れた時計の静止した針
 たとえばバスの窓から眺めた雨模様
 枯葉の話に戻ろう
 いまは夜だが枯葉には夕焼けの匂いが残されている
 枯葉にはいなくなった人たちの哀しみが貼りついている
 枯葉
 黄昏(たそがれ)の衣《》ころも
 わたしがわたしでいなくなったときに
 枯葉はまだ友でいてくれるだろうか
 死にいたる短くも長い旅路を
 寂しい色合いで飾ってくれるだろうか
 枯葉の散り敷かれた薄明の屍山血河(しざんけつが)を渡りながら
 わたしは惑乱した無表情を浮かべ
 こころだけは守りきることができるだろうか
 枯葉の震えと共鳴したわたしの魂は
 沈黙にくるまれた光をつかみえるだろうか
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み