魔法陣

エピソード文字数 503文字

 十代も後半にさしかかった頃のぼくの頭は
 とめどなく暗い妄想であふれていたが
 いまでも思い出すそのうちのひとつは
 自分のバラバラ死体を使って
 通学路のそばの田畑に
 小粋な魔法陣をこしらえるというものだった
 頭は目立ちたがり屋だから
 周縁部に置くという意外な配置
 腕は何等分に分けるか
 指は細かくまきちらすか
 膝の皿には愛着があるから
 中心部に置くという大胆な配置
 足は何等分に分けるか
 指は細かくまきちらすか
 左眼は右眼より視力で劣るから
 糸巻きにして置くという不憫な配置
 ひと頃はやったミステリーサークルみたいに
 誰かを驚かせられるかな
 通学路を往き来しながら
 計画を立てるのは楽しかった
 でもまあしかし
 魔法陣というのは次善の策で
 本当はチェス盤を作りたかった
 自分のバラバラ死体だけだと
 駒の数には届かない
 他人のバラバラ死体を混ぜると
 純度も下がるし楽しめない
 十代も後半にさしかかった頃の
 計画によれば周縁部に配置されるはずの
 ぼくの頭の中の
 あふれるような暗い妄想のテーマは
 いかに自分を遊ばせて殺すか
 その一点につきるのだった
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み