自分よりも気になる風景

エピソード文字数 224文字

 人が遠い
 自分も遠い
 自分からさえも置いていかれたぼくは
 だれなんだろう
 なんなのだろう

 曲がり角の向こうへ自分の後ろ姿が消えていく
 追いかけていた足が止まる
 いま追いつかなければもう二度と自分を見つけることは出来ないのに
 自分を見失う心配は放っておいて
 路上の敷石のパターンに魅了される
 (ひさし)にくつろぐ鳥たちが気にかかる
 信号機の点滅の間隔を計りたくなる
 人には言えないそんな間抜けさで
 ぼくは自分を見失った
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み