哀しいこと

エピソード文字数 196文字

 だれにも必要とされないことは
 やっぱり哀しいことなのだろうか
 それを全力で否定するような
 幽霊のような生涯を熱望していたのに
 ひとりの人間につまずいて
 あっさりと夢が破れてしまった
 そうしていまではその人に
 ぼくは必要とされていない
 それはやっぱり哀しいことだ
 人間がどれだけ嫌いでも
 それはやっぱり哀しいことだ
 涙は流れず乾いているけど
 それはやっぱり哀しいことだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック