病水

文字数 293文字

 人をみると
 死の荷重で
 押しつぶされそうになる
 ああ
 この人も死ぬのかと
 眼を伏せて通りすぎたくなる

 これはありふれたひとつの病
 まがうかたなくひとつの病
 そのくせ治すつもりになれない
 自己責任が流行る時節
 病んだ野外の潜在患者は
 ひたすらに病を深めるしかない
 自己の暗闇に潜らなければならない

 病んだ水に
 それでも沈む
 飲み干すために
 渇きながら
 内臓に病水を染みこませて
 骨を溶かして
 皮膚を剥がす
 こそげられた人間に
 なにが残るのか
 この病んだ水に
 どんな潤いがあるのか

 水は
 血よりも優しい
 病者にとってはなおのことだ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み