不眠の劣等意識

エピソード文字数 250文字

 尽きせぬ劣等意識が足場を崩しつづける
 クズにも劣る人格しか獲得できなかったという忸怩(じくじ)たる無力感
 だれも喜ばせることのできない浮き草
 慈悲深い菩薩(ぼさつ)ですら眼をそむける敗残者
 生まれ落ちたことが失敗だった
 間違いだらけの道すじをたどってしまった
 (もだ)して死ぬのが最上の道なのに
 それすら手が震えてなしえない
 死にすらも見放されてしまった
 あまりに無意味すぎる日々
 だれからも望まれない生存
 いまもまだ眼は開いている
 いまもまだ眠れずにのたうちまわっている
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み