燃えるのはいつ

エピソード文字数 202文字

 人はちょうどよく死にはしない
 いつも早すぎるか遅すぎる
 雲のまがきが紫に染まる
 他人が柩ごと燃えているあいだ
 おれが燃やされるのはいつだろうと
 だれかの宣告を待ちつづけた
 ぼくの遅すぎる死
 宙に浮かんだ待ちぼうけ
 いらない未来が火葬色に染まる
 ぼくはちょうどよくこころが砕けた
 あとはただ
 時差が埋まるのを待つばかり
 待つのはつらい
 待たなくてもいい
 早く来い
 早く燃えろ
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み