未来の霧

エピソード文字数 255文字

 喪って
 喪って
 喪いつづけるだけなのだろうか
 いまも胸をかきむしるこの喪失感に
 もはや耐えられそうにないのに
 まだ喪わなければならないのだろうか
 生きているかぎり
 生きているかぎり

 未来の霧は
 どれだけの喪失を覆い隠しているのか
 それがあまりにも怖くて
 一歩もここから踏み出すことができない
 なにもかもが白に包まれて
 どこに行くこともできなくても
 喪失がもたらす無色に比べたら
 あの惨憺たる剥落に出逢うくらいなら
 このまま白い霧のなかで
 ただうずくまって死を待ちつづけたい
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み